手足口病を発症する原因と手足口病の症状と治療方法

手足口病を発症する原因と手足口病の症状と治療方法

手足口病とは、手足や口の中に水泡性の発疹ができる疾患です。その原因として、ウイルスの感染によって起こります。特に夏場に症状がでやすく、乳児や幼児によく見られる疾患になります。

 

そして手足口病とは夏風邪の一種になり、飛沫や接触で感染します。潜伏期間は3日から6日前後になり、水泡性の症状以外にも発熱や食欲不振などがあります。手足口病と水ぼうそうの区別は、口内や手足主体に症状がでることです。

 

そして化膿することがなく、かさぶたができないことで区別ができます。手足口病の治療方法は、安静にすることですが、発熱や痛みがある場合は医療機関を受診します。食欲不振や嘔吐の症状が見られる場合は、脱水症状を起こさないように水分補給が必要です。

 

手足口病が発症している間は、学校などを休む必要がありますが、熱が下がって回復した場合は通っても構わなくなります。しかししばらくはウイルスが排泄されるので、他の子供に感染しないように注意が必要になります。手足口病とは、主に夏場に乳児や幼児に口内や手足に水泡性の発疹ができる疾患です。