PCユーザのほとんどが、お世話になっているIBM社様

PCユーザのほとんどが、お世話になっているIBM社様

私達が普段何気なく使っているパソコンですが、パソコン自体のメーカーはよく知っていても、内部の事までは気にせず使っている方が多いのではないでしょうか。

 

例えば、CPUにしても、インテルの名はCM等でよく耳にしますが、それがIBM iは、割と少ないかと思います。今販売されているPCのほとんどが、すでに組まれたものであり、自作パソコンをするよりも安く着きます。そうなると、内部部品メーカーを気にせず、スペックに目が行ってしまいます。

 

また、PCが壊れたからと言って、パーツ交換するよりも買い替える方が多いかと思います。結果、部品のメーカーまで気にしなくなるのはしょうがない事です。アップル社製のマックでさえ、CPUはほとんどインテルのものです。(旧マックをのぞく。)数年前に販売され話題になった新型IMACあたりから、それが当たり前になり、ウィンドウズとの互換性が以前に比べ向上したと思われます。

 

これからも、PCの能力の向上は、IBM社の技術力の発展にかかっているでしょう。おそらくPCでの仕事の実作業の現場で、その名前が出る事は少ないと思いますが、実のところ、IBM社は最もお世話になっている会社の一つなのです。