幅広い分野において自動の非破壊検査装置がもたらすメリットとは

幅広い分野において自動の非破壊検査装置がもたらすメリットとは

非破壊検査装置の最大のメリットは、検査対象物を破壊することなく、表面や内部の傷の具合を効率的に調査出来ることです。

 

その為、単に保守や点検だけでなく、品質管理や品質保証にも有効活用されています。尚、検査手法には様々な種類がありますが、検査時の前処理や後処理を必要としない場合には、自動の非破壊検査装置が作業効率の大幅な向上をもたらしてくれます。

 

特に、超音波や赤外線サーモグラフィーを用いた検査は、検査対象物の内部に関する数値データを画像等で可視化させることによって、検査結果に対する信頼性を高めることが出来ますので、非常に利用価値が高いと言えます。