DVDにダビングする際の注意事項

DVDにダビングする際の注意事項

最近はビデオデッキ本体の販売が少なくなってきており、今持っているデッキが壊れると修理する為の部品も販売していなくて、修理出来ないという場合も増えています。その為か持っているビデオテープの映像の劣化などを防ぐために、ビデオをDVDにダビングするといった作業を行おうと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかしDVDは録画する時に色々な記録方式があるなど、ビデオテープとは違い使いこなすにはそれ相応の知識が必要になってきます。そもそも一度しか書き込む事が出来ないDVD-Rなどと、何度も書き込めるDVD−RWとの違いなども理解していない人もおり、特に高齢者の方などには少し敷居が高いのかもしれません。
莫大な量のビデオテープを持っている人ならば、それらを全てDVDにダビングするだけで何十時間も掛かってしまう場合などもあり、その作業は大変です。
最近は業者に一括でダビングして貰うといったサービスがあり、価格もそれほど高くはないので、自分でやるのは難しいと思う人なら、一度頼んでみるのもいいのかもしれませんね。